嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

嫁が何もしたくない・できないという日には

このブログを書いていて思ったことがある。

ウチの嫁はタイトル通りうつ病と診断されているわけだが、既出になるが他にもいくつか病名を頂戴している。今でもそうだと認識しているのは、うつ病の他には統合失調症パニック障害。過去の病例としては、狭心症に一度罹っている。つまり、嫁の疾患とされているのはうつ病だけではない。

冒頭のっけから何が言いたいのかというと、ウチの嫁の場合はそうした他の症状も相俟って今を過ごしているということを一言断っておきたかったのだ。うつ病だけで考えても、色んなタイプの人がいると聞く。例えばウチの嫁は気分が乗らなくても出勤できていたが、知り合いは仕事に行くことができなかった。メンタル疾患の家族を持っておられる方々なら理解されると思われるが、単にメンタル疾患と言ってもいつどこでどんな時にどう出るかというのは人それぞれだということを伝えたく思ったので、こんなことを書いてみた。



さて、本題。

嫁は何か問題が発生すると、だいたい動けなくなることが多い。動けなくなるというよりは、重度の無気力状態に突入してしまう感じだ。実は先ごろもちょっと人間関係にて揉めたらしく、そこから落ち込みが始まりもうしばらくの間ぼーっとして1日過ごしていることが多い。一応趣味のフィットネスに出掛けたり友人とお茶したりはするものの、今ひとつ心が晴れないらしい。何とか出掛けたというのに楽しみきれないで帰ってくる模様。

こんな日にも、私は取り立てて嫁を必要以上に気遣うことはしない。こんな時はよく淋しいと訴えるので、そんな時にはぎゅっと抱きしめるくらいはする。特別言葉をかけることはない。


嫁が動けないそんな日私のする行動

嫁が全くと言っていいほど動けないそんな日は、私はサクサクと家のことを片づける。嫁は夕食の用意だけはやると言い張っているので可能な限りお任せしているが、これもできなくなるため私が何事もなかったかのようにサッサと用意してしまう。

こんな時留意しているのは、嫁が動けないことを気にしなくて済むようにすることだ。だから動けないとわかったら、当たり前のように私が代わりに動く。嫁には、気が向くまでダラダラしていればいいと言う。嫁は当初気に病んでいたようだが、それで動けるようになるわけでもないので今はおとなしくダラダラしている。別に気分障害と診断されていない私だって、気が向かないときはずっとダラダラ過ごしているものだ。別に嫁がそれでも、特に気になることはない。よって、ごく自然に嫁のできない部分を代行して済ませてしまうことにしている。

今回はしばらくぶりにちょっと重症で、もうかれこれ10日くらい無気力な状態から帰ってこない。よほどその、揉めた相手のことが気になるのだろうか。その間東京ディズニーリゾート旅行をプレゼントしたものの、今ひとつ楽しみきれていなかった。私が嫁からその話を聞いたのはその後のことで、その時は原因は知らなかった。で、聞いたらLINE上で知り合いと揉めたという、嫁には申し訳ないが何というくだらない原因・・・

まあ原因なんてどうでもいい。嫁がどうしたら今いる吹きだまりから脱出できるかだ。そんなに深刻でない場合は、たいてい他のことに集中すればいずれ忘れてくれる。だが今回はしばらくぶりに長引いている。私は精神科医ではないので、直接嫁をどうこうできない。私にできるのは、嫁ができない部分を引き受けることだ。夜ごはんが用意できないのであれば用意し、何か手続きが必要ならば代わりに行ってくるし、子どものイベントがあるのなら代わりに参加するし。とにかく嫁が気にする暇もないくらい自然に片付けることを心がけている。

その代わりと言っては何だが、嫁なりに動く気力が出て本人が何かを「やる」と言った時は、進捗が遅かろうがなんだろうが任せることにしている。そこは本人がやる気をだして(または、やらねばならぬと奮い立って)せっかく立ち上がったのだから、完遂してもらった方がいい。

最近はこんなパターンで落ち着いている。今のところ問題は発生していないので、しばらく続けていくつもりである。


このパターンで私が動くようになったきっかけ

明確にこのようなスタイルを取り始めたのは、昨年に嫁が統合失調症と追加診断を受けた頃だ。この当時は本当に物忘れや時間の感覚マヒがひどく、本当に心配した。ただ心配するだけでは解決しないので、嫁にはとにかく日常のプレッシャーからなるべく解放されやすい環境を作り、私にできることは私が率先して片付けようと決めたものだ。

実はそれ以来家事が大幅に増えてしまったが、逆を言えば家のことを自分の好きにできるので、実は私が担当するようになってからキッチンやトイレ、風呂などがキレイを保つようになってきた。その分結構毎日疲れるのだが、それで嫁が楽になるのならまぁいいかと。


私が疲れた時や体調不良な時は?

そんなこともあるだろう。そんな時は、絶対にその日に終わらせなくてはならないこと以外は無理せず早く寝ることにしている。嫁はかなりの宵っ張りなので起きているが、ひとりでスマホに興じて時間を過ごしているようだ。私が早く寝てしまえば家事が中途半端になってしまうので、嫁には後日片付けることを予め断っておくようにしている。私まで倒れてしまっては困る。なので、自分の体調と相談して行動しているのは言うまでもない。

まあ嫁が動けないからといって何も焦ることはない。たまたま調子が悪いだけだと諭している。嫁には、それが当たり前と思ってもらっては困るので。その分、家事は頑張ります♪

.