嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病および統合失調症の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

【悲報】うつ嫁が膵臓がんで死ぬかもしれない。

f:id:hiroiaozora:20171020222224j:plain


さておよそ1ヶ月ぶりの更新だ。
その1ヶ月の間に、よくない知らせばっかりだ。

まず僕の父が死んだ。
状況は老人の独り暮らしで定かでないことは多いけれど、おおよそ心臓疾患だったとのこと。訪問介護の人に発見されたが、その時は既に死亡していたらしい。その日から僕と兄は、今に至るまで親父の後始末に奔走している。

そして嫁だ。
少し前まではそんなに絶不調な様子でもなかったけれど、ここ数日オチていた。終いには背中が痛いと言い出した。ならばと病院へ行って血液検査をしたら、果たして膵臓にまつわる数値がおかしかったらしい。取り急ぎ検査を入れられたところを見ると、どうやらマズイことであるのは僕にでも推測できる。膵臓がんの可能性がかなり高いみたいだ。

親父の後始末で忙しいところへのこの知らせは、(嫁は悪くないけども)僕を肉体的精神的に追い討ちをかけるのに充分だった。僕は今日、用事から帰宅したら身体に力が入らない。しょうがないからブログでも書いて気分転換・・・と思って更新を始めたけど、こんな話しか書くことができないのが悲しいところ。

聞くに、膵臓がんというのは見つかったらその時点でもう手遅れながんだというではないか。僕もうっすらとそういうことは知ってはいたけれど、まさか身内に出ることになるとは・・・嫁はずっとホワホワしているし、もう自分が死にゆくことしか考えられていない。僕も、何も希望が見出せないものだから何をしていいのかわからない。なんてこったい。他の部位ならいざ知らず、よりによって膵臓とは・・・本当に何も希望を見出すことができない。

嫁まで僕を置いていくのか。子どもらがいるからまだ僕は旅立つことはできないけれど、僕の人生はいったい何だったのかと疑問に思ってしまう。でもまあ、それだと子どもらのことを否定することになってしまうから、思い直すとしよう。にしても、この遣る瀬無い感じは何だろう? いや、僕の人生云々よりも、嫁の人生っていったい何だったんだろうな・・・こればっかりは不憫でならない。

それにしても、何もする気力が起きない。身体に力が入らないんだ。こうして座って文字を打つことくらいはできるけども、それ以上は何もしたくない。まあ、やることはいっぱいあるから何とかこなすけれども。悲観的だとは思わないけど、今僕には絶望しか見えないんですがそれは・・・

ともあれ、今のうちに覚悟を決めておかなくっちゃあならない。辛いなあ・・・

年々ダメになってゆくうつ嫁。

f:id:hiroiaozora:20180112123404j:plain


ここ1年2年、うすうす感じていたことなんだよな・・・何だかウチの嫁が、年々ダメ人間になっていっているような気がする、ということを。特に、仕事を辞め療養に専念しだした2012年以降、ダメになった部分が増えていっているように思える。まあ、ダンナの僕がそんなこと言っちゃあいけないんだけどさ。

仕事を辞め療養に専念したのは、以前にも触れたけれど嫁が「統合失調症」の診断を頂戴したため。その前後で嫁の主治医の先生が変更となっており、先生とも電話で相談しながら決めたことだった。そもそもうつ病をこじらせつつあった嫁だけども、「一切のしがらみから(できるだけ)解放してみたらどうだろう」と思ったんだ。

今振り返ると、嫁から定期的な勤務を取り上げたのは、却ってマイナスだったのかもしれない。確かに、そのままパート等続けさせていても、何かしらやらかすとは思う。けれど、「仕事してナンボ」「仕事あっての自分」というのが嫁のベースになっているので、そのベースの部分を引っこ抜いたのは、今にしてみれば結果的に嫁を迷走させることになってしまったのかもしれない。最近特にそう思う。

思わずTwitterでボヤいてしまったけど、今年は嫁が受けている「自立支援医療」の更新年。前回までは自分で出来ていたんだけども、今回はそれも危うくなってしまった。自分で管理できる部分がどんどん狭くなり、金銭感覚も貞操観念も人間としての常識的な部分も、すっかりおかしくなってしまった。さて、ここまで来てどうしたものだろうか。途方に暮れる毎日だ・・・といっても、明日は向こうからやってくるので、進まないわけにはいかないけども。

なお僕は、嫁とはいつまでも一緒にはいないと思う。今は子どもらのことが大変心配なので離婚とかそういうことを考えている暇はないけれど、何とか子どもらを無事社会へ送り出したあとは、せめて人生の終盤くらいは解放されたいかな・・・と思っている。いい悪いは別にして、今思っている率直な感情だ。もっとも、嫁の方は僕がずっといると思っているみたいだけども・・・

と、ボヤキはここまでにしておかなくっちゃあな。
今年は息子が中学進学を控えて、やっぱり(去年の娘の高校進学と同様)バタバタと忙しいからだ。動ける保護者は僕しかいないので、ここでボケッとしているわけにはいかないのだ。こと息子の場合、特別支援学級に所属している関係で、手続き等通常学級より神経を使う部分がある。ここはしっかりやっておかなくっちゃあな。

【悲報】うつ嫁、金銭感覚崩壊。

f:id:hiroiaozora:20180215210951j:plain


今年に入ってからというものの、嫁は平均して低調である。これは、どこかで触れたように、年末になってドグマチールを減薬したのが直接の原因。このごろ特に低調で、今はノドを痛めて寝込んでいる。寝られるときに寝られるだけ寝たらいいと思って放置している・・・なお起きたらすぐ食べられるよう、ご飯の支度だけはしてあるけども。

さて表題の件。これは地味にショックである。

ウチの嫁は、元来堅実な人間で特にお金に関しては貯蓄重視の堅い路線を行くのが常道だった。恥ずかしいことに僕はその逆で、持っているお金を使い果たしてしまうザルっぷりw 嫁のおかげで、ここまで経済的に破綻することなくやってこれたのは間違いない。

嫁の金銭感覚というかお金に対する考え方や行動は、メンタルを病んだあとでも変化は特になかった。なので、特にお金を取り上げたりすることもなく、嫁の分は嫁の好きにさせていた。それでも嫁は、例えばパートで稼いだお金をまず大半貯金、後に自分のため等必要なことに遣う、というのを崩さなかった。

しかし近年、それも怪しくなってきた。その結果、結構な額の使いこみが発覚し、例によってアノ商売に突き進むことになってしまった。そして最近、見かねて嫁のお金の使い方を軽くだけども検証した。そうしたら、僕以上のザルっぷりを示していたのに僕は衝撃を隠せなかった・・・現実は、こうなんだ。そりゃ、貯金が目に見えて減ってくるわけだ。

ここへきて、嫁の金銭感覚は多くの部分が崩壊してしまったことを思い知らされた。さてどうしようか、非常に悩ましい。というのも、ここまで来たら僕が全ての金銭の管理をした方がいいと思うけれども、嫁がそれを非常に嫌がっている。強引な手段に出て、死なれでもしたらたまったものじゃあない。こういう思いがあるので、例のアノ商売も未だにやめさせられずにいる。僕の力不足なんだろうな、きっと。

とはいえ、この先嫁が立ち直るとも思えない。何らかの対策をしなくっちゃあならないとは思う。しかし強引なことはせず、嫁が納得する方法を探っていこうと思う・・・やっぱり、2018年も心の平穏はほど遠いものみたいだなあ。僕に、くつろいで熟睡できる日はくるのだろうか。

.