嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

うつ嫁と二人で久々に出かける。

f:id:hiroiaozora:20170816000213j:plain


ウチの嫁の近況といえば、専ら変なダイエットを繰り返しているということくらいしか特筆することはない。全体的にそんなに調子が良くなく(雨が多いのもあるかも)、精神状態はあんまり安定しているとは言えない。まずは、ダイエットの方向を間違えて拒食に陥るのはもう勘弁だ。それは嫁も同じことを言っている。


さて、表題の件。
先日、久しぶりに嫁と二人で出かけてきた。場所は東京ディズニーリゾート。二人で出かけるのは、昨年の熱海旅行いらいだからもう1年以上お出かけしていないことになる。嫁は自宅を空けることが多いし(週末は特に、友人の家に泊まることが多い)、出かける時間があるなら子どもらを遊びに連れてってやりたい。なお嫁と東京ディズニーリゾートへ行くのは、思い返してみたら東京ディズニーシー開園直後だから・・・2001年いらい16年ぶりということになる。時が経つのは早い。

実は今回のお出かけ、予定したものではなかった。職場の都合でいきなり平日に休みができたので、それを嫁に言ったら「ディズニー行きたい」と。なら、ということで出かけてきた次第。なお息子は「興味ない」、娘は部活で(というか娘は、その少し前に東京ディズニーシーへ遊びに行ったばかり)ということで、嫁と二人で・・・というより、嫁を連れて行ったわけである。

嫁によれば、何でも今年の東京ディズニーシーの「びしょ濡れイベント」を堪能したいとのこと。今年はモチーフが「Pirates of the Caribbean」だし、それは嫁が好きなシリーズだし、まあ興味出るだろうなあ・・・とは思っていた。どうせ、先に体験してきた娘の話を聞いて、俄かに行きたくなったのだろう。それと、同パークのアトラクション「トイ・ストーリー・マニア」にどうしてもチャレンジしたいらしい。

我が家はほぼ毎年、夏は東京ディズニーリゾートに一泊している。たまに予定が合わないなどで行かない年もあるけど、今年はまさにそれだった。各々予定が合わず、お泊まりディズニーはハロウィンまで待つことになっていた。なので、この夏に東京ディズニーリゾートへ行く予定はなかったものの、こうして急遽出かけることになった。

毎度東京ディズニーリゾートへ出かけると、嫁を追いかけるのが大変だ。子どもらも見ていなくてはならないので、はぐれないようにするのが結構大変なのだ。しかし今回は、子どもらがいない。嫁につきっきりで行動できたのと、嫁のコンディションがそんなに悪くなかったのが幸いして、嫁は終始ご機嫌だった。ショウもバッチリびしょ濡れになるまで楽しんだし、行きたい場所やアトラクションもタイミングよく行くことができた。僕は心底、ホッとした。というか、東京ディズニーリゾートでホッとする思いをする人間って、そんなに多くない気がする・・・

パークで遊んだあとは、お隣「イクスピアリ」へ行くことになった。気分が良かったからかわからないけど、嫁が「お買い物をしたい」と言い張る。これは止めても無駄無駄無駄無駄!無駄ァァ!!なので、大人しく付き従うことに。その代わり、ディナーは好きなものを食することにしたけども・・・なお、子どもらの食事(夏休み中なので昼と夜)は、レンチンで食べられるものを事前に用意しておいた。どうせこうなる(寄り道して帰りが遅くなる)のはわかっていたし。察しと手配に慣れてきた自分が悲しい。

イクスピアリ」には、困ったことにこの春、レディスファッションショップ「LIZ LISA」がオープンしていた。年齢層がかなり乖離しているにも拘らず、嫁はここのお店が好きである。そして案の定、そこで大人買いをしてきた模様。僕も大人買い、してみたいなあ・・・トホホ。まあ、これら買った服やアクセサリーは娘に流れるのがお約束なので(嫁は買った服をあんまり継続的に着ない)、嫁が服を買い込めば娘が喜ぶので無駄ではないわけだけども。

パークにお買い物に満足したのか、嫁は帰りの道中爆睡。まあ、不眠の人は寝られるときに眠った方がいいと思うので、特に起こすようなことはしなかった。お盆前でメチャクチャ道が混んでいたけども、まあたまにはいいんじゃあないかと思う。


ちなみに僕は今回、何年かぶりの日帰りディズニーである。体力的にキビシイので、行けば必ず一泊してくるのは僕の定番なのだ。その辺心配だったけど、まあ嫁が割と上機嫌で終わったので、あまり疲れずに済んだ。ああ、よかった。

ということで、珍しく嫁とお出かけしたのでメモ的な。

【悲報】「酒!飲まずにはいられないッ!」

f:id:hiroiaozora:20170629204637j:plain


ここのところ、ウチのうつ嫁は毎晩アルコールを摂取している。これは大変、困ったことだ・・・

そもそも嫁は、普段酒を呑まない。飲み会などにはたまに出かけるも、だいたいクルマで出かけて酒は呑まないことばかりだ。そんな嫁が、何を思ったのか毎晩酒を呑むようになった・・・といっても、殆どの場合は缶チューハイ1つだけども(すぐに酔っ払ってしまうらしい)。

何のためにアルコールを摂っているかといえば、それは「寝酒」。本人いわく「酒呑んでから寝ると、よく眠れる」んだそうだ。もちろん、医師からは睡眠系統の薬も処方してもらっている。しかし、現状睡眠はあまり満足に取れていないらしく、それで缶チューハイに走った模様。なお、他の薬との兼ね合いもあり、また量の問題もあり、現在の組み合わせではこれ以上増やすわけにはいかないらしい。

特に主治医の先生からも禁止されていないようだし、別に寝酒くらいは(量を見ている限りは)問題ないとは思う。けど、これが常習になるのはちょいといただけないなあ・・・個人的な話だけども、僕の母親は晩年、ほぼアル中みたくなっていた。それを見てきているだけに、毎晩呑むというのはどうも抵抗があるもんだ。

嫁が酒を呑むのは夜中~明け方の帰宅後が多い。うっかり嫁にエンカウントしてしまうと、酔っ払った嫁に付き合わされてしまい、こちらの睡眠時間が大きく減少してしまう。先日、実に2時間しか寝られなかったこともあった。これは非常に困る。それ以上に、酒の量が増えないかの方がもっと心配だけども。

さて、どうしたものか。策は、これから練る・・・

【悲報】うつ嫁 またよくわからない美容&健康グッズを買い漁る。

f:id:hiroiaozora:20160710232809j:plain


今年の嫁は、昨年の今頃同様、いい具合に太っている。本人いわく、「53kgくらいあるんじゃあないか」とのこと。そんな嫁の身長は、153cmと小柄な部類だ。なので、言っちゃあ悪いけども「ちんちくりん」と呼びたくなるくらいだ。

もっともこれは、薬の作用が大きいらしい。抗うつ剤ドグマチール」のせいだと本人の弁。しかしそこまで深刻にしていないのは、2年前に全く食べられなくなって入院してかなり苦痛な思いをさせられたから。あのときに比べたら、少々(どころではないが)太っても食べ物が美味しく食べられたらいいという。まあ、そうなるな。

しかし、帰宅すると嫁への宅配品がやけに多い。聞くと、どうやらダイエット系統の美容グッズや食品の類いだと・・・これはいい確率で、そのうちゴミになるやつだ・・・溜まっていくダンボールに、僕はただ戦々恐々とするしかないのであった(下手に口出しすると機嫌を損ねるため)・・・

こういった美容健康グッズのみならず、嫁は一度買い始めると割と止まらない。服なんかもそうだ。下手にイオンモールなど行ってしまうと(嫁はよく、独りで映画を見にイオンモールへ行く)、お気に入りのテナントで大人買いをしてくることがある。お金ももったいないけど、そのうち半分着たらいい方。なお最近ではそうした服を、JKとなった娘が勝手に着て有効活用してくれているので、無駄にはなっていない。

この嫁の買い物にたいする癖は、メンタルを病んでからである。これは間違いない。と言うのも、嫁はそもそもケチであり、むしろ財布がザルなのは僕の方だったりする。しかし、結婚当初は僕が嫁のお金の遣い方を心配することになるとは、露ほどにも思っていなかった・・・まあ、何とかやりくりするけどさ。

しかしそれにしても、お金のことはともかくまーた嫁が変なダイエットとかにこだわらないか心配だ。今のところ、そういった気配はあまりないのは安心。よほど、入院が嫌だったと思われる。溜まっていくグッズは・・・そのうち、嫁が忘れた頃に処分しよう。勿体無いけど。


ところで、前回僕が体調不良だというボヤキを書いた。
あれからどうも全身だるいし頭痛も治まらないので、医者に診てもらった。したら、扁桃腺をちょいと傷めてしまっていたらしい。各種薬と抗生剤をもらって何とか事なきを得た。ちょうど季節柄しんどくなる(僕は湿気が苦手)けれど、まあ何とかやっていこう・・・今月(6月)は、家事&学校イベントが地味にあるんだ・・・

.