嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

うつ嫁の夫の息抜き。

f:id:hiroiaozora:20161107211644j:plain


そうだ、羽田へ行こう。

ある日曜日、急に思い立って羽田空港へ飛行機を観に行った。
うつ嫁の世話と後始末に従事する夫の、目下最大の息抜きかもしれない。
なお画像は、このとき初めて行ってみた国際線ターミナルより撮影したもの。


毎年このシーズン(9~11月)というのは、家庭的にはとても忙しい。
子どもらの運動会から面談等学校の秋イベント(今年は息子の宿泊教室もあった)・地元のイベント・役所での諸手続き・家事(草むしりや衣替え等)などなど、家事雑用に最も忙殺されるシーズンだと言える。

特に今年は、娘が受験生ということで面談やら模擬試験やら、それにまつわるイベントが多い。しかも娘は「特に行きたい(行ける)学校がない」とか言い出して、全く勉強をしていない。これは僕にとって頭痛のタネだけども、実際やるのは本人なのでどうしようもない。

そして、嫁は相変わらず深夜を中心に家を空けている。しかし家庭的な雑用に追われているので、どうも嫁を放置しがちになってしまう今日このごろ。いやそもそも、嫁が機能していればこんなには忙しくならないはず・・・言ってもしょうがないか。


ざっくり書くと、だいたい現状上記のような環境だったりする。
僕はといえば、悪いことばかりではなく、限られた時間で物事をマルチにこなさなくてはならなくなったせいか「決定的な体調不良にならなくなった」「アタマより先に身体が動くようになった」「メモ魔になった」など、悪くない副産物もある。人間、案外慣れなのかもしれない。

それにしたって、たまには息抜きくらいしたいものだ。
その日は、前日うたた寝からの爆睡をしてしまい、片付けもせず風呂にも入らないまま朝を迎えてしまった。急いで各種ルーチンをこなし、息子のための縫い物をしていたのが正午前。

急用ができて、実家の親父のところに行くことになった。
思えばひと月ほど前に旅行の土産を受け取りに行って以来、親父のことは放置していた。
特に電話もしてこないし、用事がてら様子を見てくることにした。

その用事もアッサリ済み、親父も元気そうで問題ない。
買い物に連れていってやろうとしたけれど、「特に買うものはない」と言うのでそのまま実家を出てきた。そして、時間が余った。

そこで、空港へ行くことを思いつく。
思えばここのところの空港訪問は、何故か天気がよくないことが多くて満喫できていなかった。この日はいい天気。ちょっと風が強かったけど、意を決して出かけることに。
なお、息子は「ゲームする」と言って不参加。娘がついてきた。

個人的には、空港なら成田へ行きたかった。けども、ちょっと距離的に時間がかかる。それか横須賀に護衛艦を観に行って海軍カレーを食してくるのもいいと思っていたけれど、思いついたのが午後3時前とか。ちょっと遅かったかな。

というわけで、夕暮れどきの羽田空港へ散策&旅客機ウォッチングに出かけてきた。


僕も娘も、空港は好きだ。行くだけでテンションが上がるし、空港メシは美味しいし飛行機はいっぱい飛んでいて見飽きない。この辺は娘と気が合うので、楽しむことができた。まあ娘は旅客機ウォッチングにはそれほど興味はないので、ちょっと退屈したかもしれないけども・・・

嫁はネイルが何とかと言って出かけたきり、帰ってこない。息子ひとりに留守番を頼んだけれど、奴の大好きな焼だんごを置いていったのでたぶん大丈夫だろう。暗くなってから家に電話してみたけれど、息子が「適当にごはんを食べる」と言っていたので、僕は娘とラーメンを食べて帰った。もちろん、グッズも買わされたけども(爆)

とまあ、今回は嫁の話でなくて僕の話。
忙しいけど合間を縫って何とか遊んでますってことを伝えたかったので・・・

広告を非表示にする
.