読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

うつ嫁の帰省に随伴する

f:id:hiroiaozora:20160808235000j:plain


我が家ではここ数年、毎度夏休みシーズンに嫁と子どもらは帰省するというのが恒例行事になっている。僕は、仕事の関係で一緒に行ったことがない。空港まで送迎するのみ。旅に出られないのは残念だけど、一週間前後独り身を謳歌している。

帰省、と言っても行き先は厳密に言えば嫁の故郷ではない。小学生のとき一時親戚の元に住んでいたことがあるらしいのだけども、その親戚の住まいにホームステイしに行っているのだ。僕も遠い昔に一度(帰省ではないが)一緒に行ったことがあるけれども、よく覚えていない…

とにかくそんな事情なので、実質嫁の故郷と呼んでもいいと思うくらいの場所に行っている。滞在先で嫁は特に何をするわけでもなく、日々ノンビリ過ごしていることが多いそうだ。


そんな帰省に、今年は僕も随伴した。今回に限って、まとまった休みをもらうことが出来たからだ。嫁の親戚からも事あるごとに来い来い言われているし、いつかは顔を出さねばとは思っていた。だからまあ、いい機会だ。

なお旅の手配そのものは、毎年やっていることもあって嫁が自分でできたようだ。もっとも、親戚の元へ送る荷物やらそういったものは僕が用意する破目になったわけだけども。日常生活の面倒さを考えたら、軽いものだ。というか嫁は、僕が一緒に行くとわかった途端あとの準備は全て僕に押し付ける気満々だったようだ。

というわけで、嫁が「できた」といっても、できたのは飛行機の予約と親戚への連絡だけだ。残りの実務は、(特に出発当日の行動については全般的に)僕が引き受けることになった。いつものことなので、取り立てて問題ない。


そして、出発当日。朝4時出発を告知したはずだけども、嫁は2時くらいに帰ってきた。そのまま寝ないで出かけるつもりらしい。いったい、元気なんだかそうでないんだか、嫁はたまによくわからないことがある。

今回は旅客機に乗っていく。普段滅多に旅客機に乗る機会などない僕なので、嫁とは対照的にテンションが上がる。朝は弱いはずだけども、嫌でもテンションが上がる。これから僕にとって完全アウェーな土地に行くけれども、それでも空港へ行って旅客機に乗って雲の上に行けると思ったら元気が出る。こんなの、いつ以来だろう。

空港に着く頃には嫁が眠くて何もする気になれない状態に。もう、嫁は放置して僕は朝っぱらから空港で食べ歩きなどに興じていた。フライトまでちょっと時間が余ったのをいいことに、展望デッキに出て旅客機ウォッチングに興じたりもした。

現地に着いたら、嫁は突如元気になった。そういえば以前割とガチで話し合ったことがあるけども、嫁の親戚近辺に引っ越したらいいんじゃないかと。このとき、しばらくぶりにそれを思った。まあ、現実には子どものこととかあるのでそう簡単にはいかないだろうけど。なお、親戚どもは大歓迎の模様。


そこで数日間、嫁の伯母の家に厄介になった。この伯母は、嫁や嫁の父上がピンチになると上京してきて全てを取り仕切ってくれる頼もしい御仁だ。先ごろ、嫁の母上がお亡くなりになったときにも奔走してくれた。ちなみに嫁が小学生の頃過ごしたのは、この近所らしい。

帰省中は、特に嫁が体調不良になったり極端に躁になったりうつになったりすることはなかった。現住まいにおけるいくつかのしがらみから、一時的に解放されている。そのせいか、嫁は大変リラックスしたようだった。やっぱり、引越しの件はもうちょっと真剣に考えてもいいのかも…と思った。ここか、海外かいずれかに移住したら、嫁のうつは吹っ飛ぶのではなかろうか? 伯母さん宅の縁側でボケーッとしながら、僕はそんなことを考えていた。

特に何も予定がない日もあったが、そんなときは嫁と近所を散歩してみたりした。しかし、何故かパチンコに付き合わされる破目になった。僕が最後にパチンコに興じたのは20世紀のことなので、21世紀になって初めてイマドキのパチ台に触れたことになる。僕はアッサリ敗退して時間をもてあましたけれど、嫁はそれからなお1時間以上も打ち続けていた。最終的に「元は取った」とか満足げだったので、収支プラスで終わったのだろう。まあ、僕には向いてないや。


こうして何とか行って帰ってくることができたわけだけども、帰ってきた途端に嫁の具合が悪くなった。メンタル的なものではなく、どうも夏バテしたようだ。食欲がない、便通がはかばかしくない、だるい、などなど。体調的には、帰省はあまり意味はなかったようだ。けれども、メンタル的にはとても良かったのではないかと思われる。

以前、このブログに海外移住についてちょっと書いた覚えがある。たとえばグアムとかサイパンとか、英語圏で日本人に比較的馴染みのある場所に嫁を移住とまではいかなくとも、一月くらい放り込んでおいたらどうだろう?的な内容だったと思う。
嫁の故郷についても、おんなじことを感じた。いっそ、嫁だけでもあっちに住んでもらおうかと思うくらいだ。

なお嫁は帰宅した翌日、何故か深夜に170kmもクルマを走らせた。友人に土産を渡しに行くと言って出て行ったけども、たまたま残っていた走行記録を見てみたら、埼玉県中西部をグルッと回っている。聞いたら友人のナビで散々な目に遭った結果らしいけども…すぐ日常に戻ってしまったのは、わかっているけどちょっと悲しい。


あまりうつ病とか統合失調症とか関係ないネタになってしまったけども、嫁が住む場所についてちょっと考えさせられたのでダラダラ書いてみました。

ちなみに冒頭の画像は、羽田に戻ってきた際搭乗機のすぐ上を飛んでいった旅客機を慌てて撮影したもの。やっぱり空港は、いいねえ。空港メシも美味しかったし…僕も、空港で住み込みで働きたい気分だ。掃除でも何でもやるので…

広告を非表示にする
.