嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

うつ嫁 最近の交友関係が不明。

f:id:hiroiaozora:20160722024227j:plain


さて。
僕は夏場が苦手だ。というのも、暑さと湿気特に後者が本当に苦手なのだ。

ということで、梅雨明けに差し掛かり体力的に非常に厳しいシーズンの到来となる。幸い仕事柄水分をジャブジャブ摂ることができる環境なので、世間で言う熱中症の心配はそうないと思う…


さあ、タイトルの件。今回も、そうネガティブな話でなくてすいません。

近頃(最近滅多に顔を合わせないのもあって)嫁の行動が今ひとつ信用ならないというか何と言うか。まあ問題を起こしてくれなければそれでいいのだけれど、とにかく不信感というものが僕を覆っている。

タイトルは、その原因のひとつだということに最近気付いたもの。
最近嫁の遊び相手や友人として出てくる登場人物が、さっぱりよくわからない。嫁とは言えど他人なので、どこの誰かを細かく知る必要はない。それにしても、どんな人間とツルんでいるのか、よくわからない。

これを不信感の原因としたのは、一応根拠はある。
嫁が最近ツルんでいる友人の一部のせいで、嫁がすっかりパチンコを趣味としてしまったこと。個人的にパチンコの類いは大嫌いなのもあるし、それに今の嫁がハマッたらどんだけお金を突っ込んでしまうことか(実際、僕に隠れて何万もスッたことがあるらしい)。まったく、余計なことをしてくれたと思う。ちなみにその友人については、呼び名しか知らない。

以前はもうちょっとわかりやすい人間関係だったと思われる。昔からの知り合い・所属した職場の友人・ご近所さん・ママ友・フィットネス仲間などなど。特にフィットネス仲間は集団で旅行することもあったりと、なかなか楽しそうにしていた。
最近はこうした既存ジャンルの知り合い・友人とは離れているようだ。今はもう、所謂ママ友というのは嫁にはいないんじゃないかな。子どものことを放置しているくらいだし。

上述のように、嫁の交友関係について僕が細かく知る必要はない。逆に僕がそこまで突っ込まれても不快だし。その辺は別にいいのだけれども、おかげで近頃嫁がどこへ遊びに行っているかもわからないことが増えた。また、急に「週末○○ちゃんとTDR行ってくる」などと報告されることも。まあ、今は日常嫁がいなくても何ら変わりないというのが唯一の救いか。とにかく出先でトラブルを起こしてくれなければ、それでいい。

この不信感の理由については、嫁に伝えてある。伝えたときは、「誰がそれで、あれがこういう人物で…」と長文メール(僕はLINEをやっていない)が届いて驚いたけども。
一方僕はこんな日常生活を送っているので、今や友人はひとりもいない。所謂「ぼっち」として日々生活している。そんな、遊んでいる余裕なんてないさ。

交友関係が不明なことで不審に思うのもそうだけど、嫁が何かやらかしたときに駆けつけるのが遅れる/駆けつけられない事態になるのが一番懼れていることかな。これは嫁にも過去実績があるので、こういった心配は多分、嫁と一緒にいる間はずっとなくならないと思われる。



余談だけれども、最近入院していた父親がようやく退院した。先月下旬から約1ヶ月入院していたけれども、どうやら手厚い病院だったらしく暮らしは(入院中にしては)かなり快適だったようだ。僕と兄が事あるごとに病院へ出向き、見舞ったり先生に話を聞いたりしていたけれど、それもとりあえず終わった。

そもそも糖尿のクセに好き勝手食べていた結果なので、まあ親父の自業自得かな。しかし反省したらしく、今後はケアマネージャー(と病院では聞いた)と相談して、自宅にも訪問してもらって生活を建て直していくらしい。まあ、いいキッカケになったんじゃないかな。

親父の入院中、息子を連れて行った。けれども病院が、院内感染防止の観点から小学生以下の面会禁止だったので、息子を退屈させてしまった。まあおかげでオモチャをゲットしたからいいのかな。なお、嫁は一切関知せず。一応この話も伝えたけれど、特に関心を示すことはなかったかな。まあ、そんなもんか。

週末に実家へ行き、親父の様子を見てこようと思う。母は4年前に他界しているので、親父は老人の独り暮らしだ。食事にも気を遣わないといけないし、こういうのは最初が肝心だ。
子どもらを連れていこうと思ったけれど、その日の予定は4者4様だ。息子は近所のお祭へ、娘はライヴへ。嫁は、確かその日はお泊りでお出かけだったと思う。まあ、そんなもんか。

.