嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

最近自分により余裕がなくなってきているのかもしれない

f:id:hiroiaozora:20160703004520j:plain


さて。何とか夏本番が来る前に、衣替えは終わった。
初めてのチャレンジだったので、かなり苦戦した。

なお嫁のものについては、もう全て洗って適当に衣装ケースに押し込んだ。洗えないコート類は、我が家の「開かずの間」たるクローゼットに押し込んでごまかすことにした。


さあ、7月だ。早速だけど、再び僕は嫁と険悪になっている。

嫁が唯一やっていた家のことにかんすること「食材&消耗品の買出し」を拒否するようになった。まあこれは、病気なんだから仕方ないネ…で済む話なのでそこまで僕を苛立たせるものではない。

どうも今年の嫁は、夜をまたいで遊びに行くことが増えた気がする。先日も朝に会ったので何となく咎めたら、「好きにさせろ」という趣旨のような言い草でして。いやいやそれなら、やることやってから好きにして欲しいなあ…と軽くイラッとしてしまった次第。

少し前までなら、これくらい受け流せたのになあ。どうも、最近嫁とやりとりすると苛々することが非常に多い。これじゃ、せっかく熱海まで出かけたのも無駄になってしまうではないか。それ以来、嫁とは口を利いていない。

アラフォー年代になって体力が落ちてきたところからの兼業主夫状態なので、たぶん疲れるんだろうと思う。そこへ来て嫁の尻拭いともなると、僕はいったいどこで休めばいいんだろうか。どこかの風水の大家っぽい人が言っていたけれど、安らぐのはあの世で充分なのかもしれない。なら、今こんなに忙しいのも納得できる。しかし疲れるんだな。


というわけで、嫁は本当に家庭のことを全て放棄した。それどころか、最近太ったのを気にして脂肪吸引だか何だか如何わしいことをしにいくらしい。そういうのに何万も突っ込むなんて、お金をドブに捨てるようなものだ。まだ顔や身体の美容整形の方が納得できる。子どもらにはケチって自分には変なお金のかけ方をする。嫁ってこんな人間だったっけ?

さすがに頭にきたので、嫁には自分のことを自分でやってもらうことにした。洗濯をしていて、嫁の分まで洗うのが馬鹿らしくなってきた。なので、下着くらいは自分で洗ってもらおう。大丈夫だ。「身体を洗えない」とか言っておいて、最近は自分でしっかりできているんだ。何とかなるだろう。思えば、僕のこうした甘やかしがいけなかったのかもしれない。ここへきて反省しきりである。

別に嫁と険悪でもないときでも、最近思うことが多くなってきたことがある。それは「俺はどうして今ここでこうしているんだ?何を間違えたんだ??」という、答えを見つけようもない自問自答である。前にもボヤいたけれど、やっぱり前世かなりアクドイことをしてきたんだろうなあ…とりあえず、ウッカリでも嫁に「役立たず」とか罵ってしまうようなことはないように気をつけたい。とりあえず、暑いし缶チューハイ飲もう。


そういえば以前、嫁は言っていた。「商売ばかりで母をこきつかい、家庭を一切省みなかった父は許せない」と(今は和解している)。その、許せない父と同じようになってやいませんかねえ。

広告を非表示にする
.