嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

うつ嫁との初めての二人旅

f:id:hiroiaozora:20160611144248j:plain


嫁がうつになって、初めて二人で旅行してきた。
うつ病関係なく、二人で旅に出たのですら15年ぶりになる。
そうか、その当時はまだ子どもも生まれていなくて嫁のメンタルにも問題なかったのか…そう思うと何だかちょっぴり切なくなるなあ。

ということで、少しばかり旅の模様でもと。

うつ嫁との二人旅

今回出かけてきたのは、静岡県は熱海市。昭和ロマンのたっぷり残る、アノ温泉街。
我が家からはクルマでおよそ3~4時間ほどの距離になる。今回子どもらを置いていくので、不測の事態に備えてそんなに遠出をしないことにしていた。その範囲で嫁が言い出したのが、海も山も両方堪能できる伊豆半島だったということ。

以前ちょっと触れたけれど、この二人旅を提案したのは僕だ。確か、嫁との関係改善について書いたときだった。嫁が乗り気だったら実行に移そうと思っていた程度のノリだったけれども、嫁は旅そのものにはノリノリだったようだ。

しかし旅の予約時点から大変だった。
旅行代理店では待ち時間が長すぎてその場で寝だすし、いざ宿泊先の選定などになるともう投げやり。これはお店の人も困惑してしまうし、僕もため息だ。しょうがないので嫁をその辺に置いておいて、何とか無事手配を済ませたのはいい思い出だ。

往路行程にて

そして出発当日。
どうやら嫁は、朝方近くに帰ってきたらしい。僕が朝起床すると、リビングの床に嫁は転がっていた。この分だと、いつ出発できるかわかったものではない。万一出発できないことも頭にいれつつ、僕は旅するにあたっての用意をしていた。

旅支度そのものは、前日までに終わらせてある。出発の朝には、子どもらへの注意事項の伝達や、洗濯物や食器の片付けなど直前でサッとできるもの。どうせ嫁はしばらく起きてこないだろうから、気長に待つことにした。

結局嫁は起きた。しかし時間はお昼前である。サッサと出発しないと、この日1日が移動だけで終わってしまう。1泊の旅行なので、それは非常に勿体ない。しかし嫁はウダウダとしている。これもまた、気長に待つしかない。

ようやく出発。移動はクルマ。僕は現地まで只管運転する。
しかし、車内において嫁とは殆ど会話をしていない。何故なら、嫁は移動行程の大半を寝て過ごしたからだ。まあこれも慣れたものだし、そもそも僕は仕事でも頻繁にクルマで移動しているので問題ない。

市街地を移動しているときは退屈だった。けれど、神奈川県に入って小田原厚木道路に乗ったあとは、結構爽快だったのでいい退屈しのぎになった。まだ海は見えない場所だけれども、やっぱり高速道路系は爽快だ。道もここからは大して混んでいなかったし。

3時間近く運転してきたので、途中のパーキングエリアで停まった。そこでようやく嫁が起きてきた。どうも調子が悪そうだ。嫌な予感がしないでもないけれど、とりあえず僕はお腹が空いたので独りランチ。二人で来ても、独りランチ。まあ、しょうがない。天気がいいのが救いだ。

無事熱海に到着

クルマを進めて伊豆半島に入る頃、ようやく海が見えてきた。再び寝ていた嫁はその辺りでようやく起きてきた。海を見てご満悦の様子。よかった。

伊豆半島を海沿いに走り、とりあえず熱海のメインストリートに到着。しかし、特にやることがない。
嫁のコンディション次第でどうにでもできるよう、今回の旅は宿泊先以外はまったくのノープラン。最悪宿へ直行も考えていた。けれど、海とビーチを見てちょっとは調子が戻ってきたのか、海沿いをプラプラして過ごすうちに嫁のテンションがマシなくらいにはなってよかった。いや、本当によかった。この時点で旅の半分は成功したようなものだ。

宿は適当に決めた場所だった。これまで特に知らない場所だった。ここで不手際等あって嫁にガン落ちされても困る。いやそうなっても何とかなるようにはするけど。
しかしそのホテルが当たりの部類で、嫁は機嫌良かったと思う。まあ到着するなりいきなり寝ていたけれど。いったいどんだけ眠いんだ。おかげでこちらは、無駄に温泉へ足を運ぶことになった。暇だからね。

ホテルでは結構いいことがあったので、嫁は機嫌よくなったようだ。さんざん嫌がっていた、浴衣で出歩くという行為もノリノリで出かけていき、夜の海岸線を散歩するくらいに。本人曰く「夜の砂浜を歩きたかった」とのこと。昼間は「あーアレ食べたかったのに」「あそこ寄ってみたかったのに」と無茶苦茶な後出しジャンケン風な文句を言ってばかりいたのに。まあ、いいか。

もちろん帰りも爆睡です

翌朝、メチャクチャ眠そうな嫁が。僕の鼾がひどかったのか(最近やけに痰が絡むようになってよく眠れない。当然鼾もスゴイと自覚しているので)と思ったけれど、単に眠れなかったようだ。ガッツリ眠る時間はあったけれど、本人は3時間程度しか眠れなかったとのこと。ああ、これは帰り道も爆睡ですな。

現地を発つ前に、熱海の駅前を散策してきた。嫁は、やけに食べていた。朝ごはんもガッツリ食べたというのに、商店街で食べ歩きをしていた。あれ、ウチの嫁こんなに食欲あったっけ?まあ、楽しいならいいか。

帰り道は予想通り、クルマが動いていくらもせずに嫁は爆睡。僕も眠くなって困ったけれど、何とか途中のパーキングエリアにたどり着き難を逃れた。
結局地元近くで嫁はようやく起きたけれど、長丁場の運転で隣りにいる人間に爆睡されるのは結構ツライ。昔のスキー旅行等を思い出す。



ともあれ、こうして何とか無事に行って帰ってきた。
とりあえず嫁の要望するところのものは、全て実行できたと思う。終始眠い眠い言っていた嫁だけれども、まあ本人が満足しているのでこの旅は成功だろうと思う。実際、宿がアタリだったのはラッキーだったし。

なお帰宅すると、自宅が大変なことになっていた。子どもらは僕の言いつけたことは概ね守ったものの、部屋が散らかし放題。よくもまあ、一晩でここまでできるなあ…と。しょうがないから大雑把に片付けたけれど、まあ、こんなもんか。

久しぶりに嫁と二人で一晩過ごすことになったけれども、まあ満足してもらえて何よりだ。そして、現地でガン落ちするという一番の懸念が当たらず本当に良かった。とにかく、ちょっとしたことで一気に落ちるのでそこが心配だった。何だか僕は逆に疲れたような気がするけれども、まあ無駄なことをしたわけではないので良しとしよう。

以上、嫁との二人旅の模様でした。

広告を非表示にする
.