嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

嫁、家族に無関心になる。

f:id:hiroiaozora:20150802015115j:plain


画像は、サイパン国際空港から見上げた空。僕はこの、南洋の空が大好きだ。
いつも思う。海の中の好きな嫁を1カ月でも南洋の島に放り込んでおいたら、おそらく元気になるだろう、と。
ちなみに嫁は、ダイビングを趣味としている。来世は「クラゲになりたい」とのこと。

どうも嫁の行動がおかしい

どうも今年2015年は、家庭特に嫁にかんしてはネガティブにさせられることが多い。
前半は、近年にないくらい好調だったと思う。けれど、そのあとがいけない。

繰り返しになるから詳しくは述べないけれど、夏前に体調を崩して以来どうも嫁がおかしい。
やたら健康グッズ的なものを買ってきたり(しかも、決してお安くはない)、カイロプラクティックなるものにも通うようになった。どうも、どれも根拠が薄く根本的な解決にならないのでは?というようなものに手を出しまくっている。結構不安な行動だ。

元々他人を信じやすい嫁なので、知り合い伝手などからこういったものに手を出したものと思われる。しかし、嫁に言わせれば「藁にもすがる思い」とのこと。まあ、夏場に起こった原因不明の胃腸の不調などを体験したあとだから、とにかく現状を脱したいという気持ちはわかる。けれど、他人のアドバイスを何でもかんでも受け入れるのはちょっとどうかと思う。

また、何故か外泊が増えた気がする。後で述べるけれど、我が家に関心が低くなっている分外に遊びに行きたくなるようだ。ベースが、他人に囲まれてナンボなのが嫁だ。ある程度は仕方ないけれど、今年は何だかとても多くなっているような気がする。おかげでこのごろは、嫁がいなくても子どもらは気にしないようになってきた。これって、マズくないか?

一方、病院にかんしては普段通っている精神科に加え、胃腸科などで現在3カ所から薬を処方されているという面倒なことになっている。
これは僕にも原因がある。夏場の胃腸不調において、かかった病院がどうも怪しい。なので、セカンドオピニオン的な発想で他の(通い慣れた)病院に行ってみることを奨めたのだ。

胃腸の不調の方は、結局今でも原因がわからない。ただ、このままでは拒食まっしぐらなので、食欲増進の薬を処方してもらって何とか落ち着いている。生理が止まるなどあまり好ましくない副作用もあると聞いたけれど、今のところ嫁にはそういった変化は見られない。単純に、食べ物が食べられて嬉しいようだ。

しかし、喜んでばかりもいられない。嫁には毎年健康診断を受けさせているけれど、肝機能で若干引っかかったようだ。しかし、ここのところで一般的な健康診断で調べる以上の検査を複数回してきているので、特に深刻な問題ではない。やはり、薬漬けになっているせいで肝機能が衰えてきたか…ちなみに嫁の母上(今年お亡くなりになった)も肝臓系統で病没しているので、嫁に余計な不安を与える結果となった。

嫁、家族に無関心になる。

そして表題の件。
うつでも統合失調でも、嫁は家族のイベントを大事にしてきた方だと思う。それに、動けるときは進んで家事育児仕事などをできるだけやってきたし、またその気概もあった。むしろセーブさせるのに困ったときもあった。中でも家族イベント(旅行や東京ディズニーリゾート行きなど)は、できることは自分で準備したりしていた。

それが今年はサッパリ。例えば我が家は毎年最低1回は東京ディズニーリゾートへ行くけれど、嫁は全く準備も何もせず。ああ、前売り券を買ってきてはくれたかな。他には、例えば子どもの学校でのイベントには全く興味がなく、張り切っていたのは息子の運動会、しかも息子の出番だけだ。お弁当の手配なんかも全て僕の仕事になってしまっている。学校イベントには、行かないことすらある。以前の嫁なら、あまり考えられなかったことだ。それだけに、とても残念な気持ちになる。

イベントだけにとどまらず、普段でも勝手にどこか出かけていくし、自宅にいればゴロゴロしてスマホをいじっていることが多い。嫁自身の決めたこととして、夜ご飯を作る(単品、出来あいばかりだけど。嫁は料理が好きではないのでしょうがない)・毎週1回決まった買い物をする以外は、家のことはほぼやらない。僕や子どもらともあまり会話もしなくなってきてしまった。どうしてこうなった。

また、以前もあったけれど浪費がちになってきたと思う。うつ病になってからも、金銭的なことだけはしっかりしている嫁なので借金はしないと思う。けれど、子どもらには制限しておいて自分だけ万単位でモノを買ってくるのは、果たしてどうなのか。まあ、今はその辺の判断力も思考力も落ちているものと思われる。

嫁が家族に無関心なのは問題だ。僕はともかく、子どもらに感心がないのは子どもらにもよろしくないのではないか。特に娘はそろそろ受験生となるので、進路のこととかできれば一緒に考えていきたいのだけれど…とは言え、おそらく正常な思考ができていないと思われるので、話すだけ馬の耳状態だ。しかも本人は自覚がない。まったく、困ったものだ。



まったく今年は、嫁にかんしてはネガティブな話題が多くて困る。でもまあ、今に始まった話でもないし、今は嫁については「食べられるようになること」を優先した結果だとも思う。ちょっと面倒な状態だけれども、今は胃腸系の問題が片付くまで我慢なのかもしれない。前回も同じようなことで〆たけど、嫁については一つずつ潰していくしかない。子どもらのことは、僕でカバーできる範囲で何とかしておこうと思う。

.