嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

うつ嫁との暮らし 実はちょっぴり疲れていたりする

f:id:hiroiaozora:20150913013557j:plain


今年2015年で、ウチの嫁がうつになりまして10年が経過する。
その間、確実に嫁の状態はよろしくなくなっている。出口が見えないのは大いに問題だけれども、それ以上に年々夫たる僕の家庭における労働量が増大している方が、個人的には問題だったりする。

今回はちょっぴりボヤキでも、と。

うつの嫁は病名が増え、息子は発達障害だとさ

嫁も問題だけれども、最近小学生の息子の学習の遅れが目立つようになってきた。
自治体にある教育センター的なところで調べてもらった結果、どうやらある種発達障害の疑いあり、とのこと。そこから先は、本来なら同機関および専門の病院で精査しないと詳細はわからない。しかし、進んでいないので対策ができないで困っているのが現状だ。教育センターも病院も、何でか知らないけれど混み合っていて日程が確保できない。僕はそうそう休みを取ることができないし、嫁は嫁で不調が長引いており自分のことでいっぱいいっぱいの状況。

言い方は悪いけれど、ここで対応を間違ってしまうと、息子を将来的にゴミのような存在にしてしまいかねない。今、できるだけ早いうちに息子の現状を明らかにして今後どうするか対応しなくてはならない。できるなら、息子の伸びる部分を伸ばしてやれる環境に置いてやりたい。そこは親の責任でもあると思っている。

一方嫁だけれども、そもそもパニック障害から発展した(?)メンタル疾患が年々悪化しているように思える。パニックそしてうつ病ときて、統合失調症さらに今年は自律神経失調症が追加された。いったいどこまで嫁の病名は増えるのか。甚だ頭が痛い。

身ひとつでやれることにも限度があるのを感じる

実は、昨年後半から今年の春先にかけて、嫁は実に調子が良かった。通院している病院から処方された薬の組み合わせとの相性が頗る良かったようだ。しかし、春先に上述の息子について学校の担任から「特殊学級に行くことをお勧めする」と言われてからおかしくなった。

息子については、昨年度から問題は出ていた。当時の担任が調べてくれた結果、先述の教育センターにおける検査という運びになった。しかし年度が変わり、担任も変わった。いちいち個別の児童の問題など見ていられない、ごく当たり前で普通の先生だ。息子の扱いが面倒というのが、実にわかりやすい先生だ。担任を批難するつもりはなく、当たり前の対応だと思っている。だから、メンタルに疾患を抱えている嫁に対して普通にお勧めしたのだろう。悪気はないと思う。

とにかくそこから、嫁の不調ロードが始まって今に至っている。夏場には胃腸に異変を訴えて入院したけれど、原因もわからないし未だにスッキリしないようだ。その関連で一時的にうつ系統の薬を抜いたせいで、より状態が酷くなったような気がする。結局、自律神経失調の病名が増えて終わっただけだ。

ということで、嫁はボチボチも動けないことが多くなってしまった。春先まで好調だった揺り戻しもあるのかもしれない。とにかく、僕が家庭においてやることが多くなったのは言うまでもない。これまでも少なくはなかったけれど、兼業主夫的な状況というのは何気に結構辛いものだ。単純に、疲れる。特に子どもについては、夫婦最大の共同作業と思っているので、それをほぼ一手に引き受けるのは体力も要る。シングルの人は本当にすごいと思う。

嫁が碌に動けなくなってくると、僕の活動範囲も増大する。しかし、僕は日中普通にサラリーマンをしているし、しかも底辺に近い存在なので他人さまのように例えば安定した休みなど得られる状況ではない。そうなると、どうしてもやり残しや取りこぼしが発生してしまうのが悔しいところだ。本当は毎日した方がいい清掃なども、週1回できたらいい方だったりする。本当に追いつかないのだ。


嫁は今日も、遊びに行っている。他人に囲まれて過ごすのが好きな嫁は、遊ぶのは問題なく遊びに行ける。それも何だかなあ…と思うけれど、まあ今は仕方ないのかもしれない。と、ボヤいて終わりにする。

広告を非表示にする
.