嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病および統合失調症の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

春近し 家庭の問題山積かな

世の中、所謂「年度末」シーズンで無駄に忙しい時期だ。僕も例外でなく、仕事に家庭に無駄に忙しい毎日を過ごしている。試しに1年前の当ブログを見返してみると、どうやらディーン・フジオカに憧れて遊んでいたようだ・・・今年は昨年以上に忙しいので、ホワイト…

最終的には嫁に住まいを合わせてもいいかな、と。

このところ、ウチのうつ嫁関連で特に大きな問題は発生していない。嫁は今日も、特に行き先を告げることもなくどこかへ遊びに行ったようだ。今や珍しいことでもないし、「亭主元気で留守がいい」ならぬ「嫁が元気で留守がいい」状態になっている。せめて嫁の…

【朗報】うつ嫁、入院回避。そして元気に遊びに行く。

先日、「嫁はいい確率で子宮頚がんらしい」と書いたな。あれはウソだ・・・今月に入って嫁の詳しい検査結果が出たわけだけども、とりあえず「がん」ではないらしい。ただ、今後「がん」化する可能性はあるので経過観察が必要・・・程度で済んだとのこと。もちろん…

うつ嫁 再び入院か

嫁が再び入院か・・・と言っても、うつ病その他精神疾患でではない。 何でも、いい確率で子宮頚がんらしい。ここで悔やまれるのが、昨年嫁に健康診断および婦人科検診を受けさせ損ねたことだ(僕がウッカリ期日を忘れていたため)。これを例年どおり実施していた…

遅ればせながら2017年。

昨年末から何となくバタバタしていたら、もう2017年。1月も中盤に差し掛かろうとしている。何と忙しい年末年始だったことか。まあ遅ればせながら、謹賀新年。特にウチのうつ嫁にかんしては、変化はない。なのでしばらくブログ更新が滞っていたわけだけども・・…

慣れというものは恐ろしい。

いやあ忙しい。 今年2016年は、どういうわけか僕は全面的に家庭のことを取り仕切る破目になっている。 これまでも、嫁が永らくうつ病ということで家事育児などなど多くの割合をこなしてきた。それだけに、「全部自分が取り仕切るのは、何て体力が要ることな…

うつ嫁の夫の息抜き。

そうだ、羽田へ行こう。ある日曜日、急に思い立って羽田空港へ飛行機を観に行った。 うつ嫁の世話と後始末に従事する夫の、目下最大の息抜きかもしれない。 なお画像は、このとき初めて行ってみた国際線ターミナルより撮影したもの。 毎年このシーズン(9~11…

うつ嫁をイベントに連れて行くむつかしさ

秋は忙しい。 個人的には、仕事では秋冬対応のために作業が増加する。家庭では、子どもの学校行事&季節イベントそして再び衣替えの悪夢が予想される。他にも、「蚊が出なくなったら本気出す」と言ってサボっている草むしりなんかも実行しなくてはならない。…

最近、うつ嫁のお父さんに会うのがちょっぴりツライ。

先日、嫁のお母さんのお墓参りに行ってきた。 当ブログでも触れたけれど、昨2015年にお母さんは亡くなっている。 昨年はともかく、今年に入って嫁はロクに墓参していない。もちろん、先月9月の彼岸にも行っていない。それは僕としては大変気になっていた。 …

うつ嫁について 考えてはいけないこと

個人的に、最近どうもツイてない。 特にこの9月は、「どうしてそうなる??」というアンラッキーが何故か連続し、本当に疲れる。どうも嫁が「不倫未遂」をゲロったあたりから、このアンラッキーが続いているような気がする。一発の大きさはそこまででもないけ…

【驚愕】うつ嫁、今年初めてご飯を作る。

いやあ驚いた。 表題のとおり、嫁が何故かいきなり夜ご飯を作ったから。 いや正確には、僕が予め用意しておいた食材を煮ただけなんだけども・・・にしても、意外なことにビックリしたんだ。 その日の夜ご飯は、カレー。我が家では毎週金曜日はカレーと決めてい…

うつ嫁との離婚を考えているが

毎年秋口には、嫁の幼馴染の墓参りに行っている。僕は全く面識のない人物だけども、もう他に墓参する人もいない感じということもあって、毎年一緒に行ってお墓周りを掃除している。今年はそれに、僕はいかないつもりでいた。 というのも、嫁が希望する日程に…

【悲報】うつ嫁 浮気していた。

さあ、今回は読む人が喜びそうなネタの登場だヨ!いや、寝ようと思って布団に転がったところへ嫁がやってきて。からの表題のとおりカミングアウト。いったい、僕にどうしろと・・・ いやいや、このブログでもボヤいたとおり、このごろ嫁が疑わしく思ってはいたけ…

うつ嫁曰く「離婚も止む無し」。

いやあ驚いた。 正確には「離婚されても、捨てられてもしょうがない」とのこと。 自分に黒歴史を作りたがらない嫁なので、もうちょっと粘るかと思ったのだけども。でもこれは、逆に言えばこういうことか。 「僕や子どもらと一緒にいたいという熱意がそこまで…

うつ嫁の帰省に随伴する

我が家ではここ数年、毎度夏休みシーズンに嫁と子どもらは帰省するというのが恒例行事になっている。僕は、仕事の関係で一緒に行ったことがない。空港まで送迎するのみ。旅に出られないのは残念だけど、一週間前後独り身を謳歌している。帰省、と言っても行…

うつ嫁 最近の交友関係が不明。

さて。 僕は夏場が苦手だ。というのも、暑さと湿気特に後者が本当に苦手なのだ。ということで、梅雨明けに差し掛かり体力的に非常に厳しいシーズンの到来となる。幸い仕事柄水分をジャブジャブ摂ることができる環境なので、世間で言う熱中症の心配はそうない…

うつ嫁太って機嫌甚だ悪し。

今回はしばらくぶりに、別段ネガティブな内容ではない。不幸な話のほうが盛り上がりそうだけど、そうでないことを最初に記しておこうと思う。 嫁が激太りしたといって、機嫌が悪い。いや確かに、今年の嫁は明らかに、そして今まで見たことがないくらい肉がつ…

元の木阿弥。

今まで実際に見たなかで、僕はサイパンの青空が一番好きだ。 生憎手元にはこの画像しか残っていないけれど、昼は吸い込まれるような突き抜ける青空。夕暮れ時はキレイなグラデーション。湿気ムンムンでさえなければ、移り住みたいくらいだ。ああ、僕は湿気が…

最近自分により余裕がなくなってきているのかもしれない

さて。何とか夏本番が来る前に、衣替えは終わった。 初めてのチャレンジだったので、かなり苦戦した。なお嫁のものについては、もう全て洗って適当に衣装ケースに押し込んだ。洗えないコート類は、我が家の「開かずの間」たるクローゼットに押し込んでごまか…

うつ嫁が 本当に何もしなくなったので…衣替え

画像は、冬物の衣類が詰まった衣装ケースの山。 映っているのは全て、嫁のものが入っているという… 初めての衣替えをやる破目に ここ1年近く、(たぶんキッカケは昨年夏に嫁が入院したことかな)僕は家のことを全て、ほぼ全てやるようになってしまった。今は遅…

うつ嫁との初めての二人旅

嫁がうつになって、初めて二人で旅行してきた。 うつ病関係なく、二人で旅に出たのですら15年ぶりになる。 そうか、その当時はまだ子どもも生まれていなくて嫁のメンタルにも問題なかったのか…そう思うと何だかちょっぴり切なくなるなあ。ということで、少し…

僕が発熱。とうとうその時がきた。

いつかはその時が来るとは思っていた。というか、当然来るだろう。だって、人間だもの。どうも、昨日の朝から様子がおかしい。ああ、僕の様子が。 やけに熱っぽいし全身が痛い。特に喉は、何を飲み込んでも痛いくらいだ。 風邪か熱中症かどちらかだと思われ…

家族の問題を整理 僕がうつになりそうだ。

今年は時が過ぎるのを、例年以上に早く感じる。 そして、40を過ぎた自分の体力がいい勢いで衰えていくのも感じる。 これは、若いころからの不摂生が原因なのでしょうがない。 コメントなどでお言葉をいただくように、もうちょっと自分の健康をどうにかしない…

うつ嫁との関係改善に努力してみる

さて。 個人的な体力的な意味で、地獄のゴールデンウィークがようやく終わってくれた。 思えば、子どもらとあんまり出かけることができなかったなあ。 連休の合間に1日休みがあったりしたけれど、嫁とのことでモヤモヤしたまま無駄に過ごしてしまったし。 僕…

うつ嫁とは正直、もうダメかもわからんね。

嫁がうつになりまして、10年オーバー。 正直、ここのところ僕は結構ツライ。嫁はますます家族に無関心になり、このごろでは僕にたいする人格否定がはじまった。 大抵のことなら「あー、調子悪いんだなー」とやり過ごすか宥めすかすことができる。けれど、こ…

うつ嫁 何もしない今が入院させるいい機会か

どうも。 最近アラフォーにしてようやく玉子焼きを作れるようになったJ(ジェイ)です。 画像は初仕事です。男の料理にしても、酷いなあ。家事をほぼ全面的にやるようになって3か月ほど。 穴だらけではあるけれど、何とかパターン化ルーティン化できたようだ…

ここ最近の うつ嫁の家事事情

ブログのエントリ冒頭に画像を貼るのは僕のスタイルだ。 メモやらブログやらやっているうちに自然と身についたものだけれど、そのエントリを象徴するものだとか、気分を表すものだとか楽に表現できるので気に入っている…と、どこかでこれを否定しているよう…

ここ1年ほどで、嫁が悪化していることを実感してしまったのが悲しい。

前回書いたエントリの最後に記したことで、自爆的に嫌なことを実感してしまった。前回、花見について触れた。そして、思えば以前は嫁がママ友やご近所さん、家族だけでなど色んなことを企画していたことを思い出した。そして、今は一切それらに興味がない嫁…

僕は花見散歩、嫁はお泊り会

2016年も早いもので、もう4月。 家事が完全に自分の領域となったせいか、今年は殊のほか時の経過が早く感じる。 子どもらが進級し、僕は今その対応に追われている。例年あまり行かない花見をしてくる。忙しいけれど、休日は爆睡確定だけど、それでもその時々…

仕事の増える年度末 兼業主夫はツライ!!

花粉症のコアタイムと所謂「年度末」は同時にやってくる。 僕の勤務先では、「年度末」は12月。しかし世間的には3月を指していることが多い。 多くの顧客もそんなものなので、当然僕らも忙しくなってくる次第。実は先週、僕に花粉症疑惑が湧いた。 突如酷い…

.