読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

子どもが小学校へ上がると手がかからなくなると言うけれど

よくタイトルのようなことを聞くけれど、我が家についてはそんなこと全然ない。まあ乳幼児独特の手間がかからなくなり、多少目を離しても平気ということなんだろうけれど。我が家は娘が高校生になっても、とても手がかかるんですけどそれは・・・なお、嫁につい…

春近し 家庭の問題山積かな

世の中、所謂「年度末」シーズンで無駄に忙しい時期だ。僕も例外でなく、仕事に家庭に無駄に忙しい毎日を過ごしている。試しに1年前の当ブログを見返してみると、どうやらディーン・フジオカに憧れて遊んでいたようだ・・・今年は昨年以上に忙しいので、ホワイト…

最終的には嫁に住まいを合わせてもいいかな、と。

このところ、ウチのうつ嫁関連で特に大きな問題は発生していない。嫁は今日も、特に行き先を告げることもなくどこかへ遊びに行ったようだ。今や珍しいことでもないし、「亭主元気で留守がいい」ならぬ「嫁が元気で留守がいい」状態になっている。せめて嫁の…

慣れというものは恐ろしい。

いやあ忙しい。 今年2016年は、どういうわけか僕は全面的に家庭のことを取り仕切る破目になっている。 これまでも、嫁が永らくうつ病ということで家事育児などなど多くの割合をこなしてきた。それだけに、「全部自分が取り仕切るのは、何て体力が要ることな…

うつ嫁をイベントに連れて行くむつかしさ

秋は忙しい。 個人的には、仕事では秋冬対応のために作業が増加する。家庭では、子どもの学校行事&季節イベントそして再び衣替えの悪夢が予想される。他にも、「蚊が出なくなったら本気出す」と言ってサボっている草むしりなんかも実行しなくてはならない。…

最近、うつ嫁のお父さんに会うのがちょっぴりツライ。

先日、嫁のお母さんのお墓参りに行ってきた。 当ブログでも触れたけれど、昨2015年にお母さんは亡くなっている。 昨年はともかく、今年に入って嫁はロクに墓参していない。もちろん、先月9月の彼岸にも行っていない。それは僕としては大変気になっていた。 …

うつ嫁について 考えてはいけないこと

個人的に、最近どうもツイてない。 特にこの9月は、「どうしてそうなる??」というアンラッキーが何故か連続し、本当に疲れる。どうも嫁が「不倫未遂」をゲロったあたりから、このアンラッキーが続いているような気がする。一発の大きさはそこまででもないけ…

うつ嫁との離婚を考えているが

毎年秋口には、嫁の幼馴染の墓参りに行っている。僕は全く面識のない人物だけども、もう他に墓参する人もいない感じということもあって、毎年一緒に行ってお墓周りを掃除している。今年はそれに、僕はいかないつもりでいた。 というのも、嫁が希望する日程に…

うつ嫁の帰省に随伴する

我が家ではここ数年、毎度夏休みシーズンに嫁と子どもらは帰省するというのが恒例行事になっている。僕は、仕事の関係で一緒に行ったことがない。空港まで送迎するのみ。旅に出られないのは残念だけど、一週間前後独り身を謳歌している。帰省、と言っても行…

最近自分により余裕がなくなってきているのかもしれない

さて。何とか夏本番が来る前に、衣替えは終わった。 初めてのチャレンジだったので、かなり苦戦した。なお嫁のものについては、もう全て洗って適当に衣装ケースに押し込んだ。洗えないコート類は、我が家の「開かずの間」たるクローゼットに押し込んでごまか…

うつ嫁との関係改善に努力してみる

さて。 個人的な体力的な意味で、地獄のゴールデンウィークがようやく終わってくれた。 思えば、子どもらとあんまり出かけることができなかったなあ。 連休の合間に1日休みがあったりしたけれど、嫁とのことでモヤモヤしたまま無駄に過ごしてしまったし。 僕…

うつ嫁とは正直、もうダメかもわからんね。

嫁がうつになりまして、10年オーバー。 正直、ここのところ僕は結構ツライ。嫁はますます家族に無関心になり、このごろでは僕にたいする人格否定がはじまった。 大抵のことなら「あー、調子悪いんだなー」とやり過ごすか宥めすかすことができる。けれど、こ…

うつ嫁 何もしない今が入院させるいい機会か

どうも。 最近アラフォーにしてようやく玉子焼きを作れるようになったJ(ジェイ)です。 画像は初仕事です。男の料理にしても、酷いなあ。家事をほぼ全面的にやるようになって3か月ほど。 穴だらけではあるけれど、何とかパターン化ルーティン化できたようだ…

仕事の増える年度末 兼業主夫はツライ!!

花粉症のコアタイムと所謂「年度末」は同時にやってくる。 僕の勤務先では、「年度末」は12月。しかし世間的には3月を指していることが多い。 多くの顧客もそんなものなので、当然僕らも忙しくなってくる次第。実は先週、僕に花粉症疑惑が湧いた。 突如酷い…

自炊していてよかったと思う。

このごろダラダラとボヤいている通り、最近になって嫁はキャバ勤めを始めた。 仕事じたいに不満はないけれど、何しろ嫁はメンタルに問題がある。働くことそのものにもまだ不安が大きい。そして、アラフォーになるまで水商売経験ゼロの人間だ。そんな嫁がこう…

うつ嫁の夫、風邪を引く。

さあ困った。 別に動けないほどではないけれど、どうやら風邪を引いたらしい。 頭痛どだるさに熱っぽさ。アカンやつかもしれない。幸い熱は、微熱程度のようだ。僕は平熱が低いので、36℃台でも立派な微熱なのだ。そして今日は日曜日。仕事はないけれど、家事…

うつ嫁と暮らす僕の生活パターン2016

気分転換に、投稿ごとに風景画像を掲載していた。 しかし、ちっとも気分転換にならないのでやめよう…ちなみに僕がこれまで見た中で一番好きな空は、サイパン・マニャガハ島の空かな。 後述するけれど、もうしばらくの間は海外旅行なんて行けないのが悲しい… …

約4年間、うつ嫁に好き勝手過ごしてもらった結果

個人的には、日常生活がカツカツなので画像のワンコのようになっていることが多い。 メンタルを病んでいて尚且つその出口の見えない状態の嫁を抱えていると、こうも疲れるものなんだな~と思う今日このごろ。 さて、表題の件。 僕らは約4年前の春、ひとつの…

うつ嫁の生活環境を変えるために話し合ってみた

サイパンの空。 ものすごく久しぶりにブログを更新する。 ここには主に、うつ病歴10年になる嫁に対する僕の考えでも書いておこうと思っているけれど、案外特に考えることもなく日々過ぎている。出来事なら多少なくもないけれど、僕はあんまりうつ病に対す…

うつ嫁との暮らしに疲れたとき

ウチの嫁は、うつ病に認定(?)されてからそろそろ10年になる。といっても、正確な日時は僕も嫁も覚えていないけれど。当初は、メンタル疾患がどういうものなのかを感覚的に理解できていなかったこともあり、生活パターンを確立するのに随分手間取った。…

うつ嫁と仕事と経済的悩み

ウチの嫁は、仕事をするのが好きという人種だ。幼稚園教諭または保育士としてのキャリアを積んできていたので、そちらにかんしては自信もプライドも相応にあるようだ。健全であったなら、おそらくとっくの昔に現場復帰をして毎日クタクタになるまで働いてい…

うつ嫁のためにも、在宅で仕事をした方がいいのかもしれない。

ここのところ、嫁の調子はすこぶる安定している。主治医とのカウンセリングでも「とりあえず眠れている」と発言するなど、大きな問題のひとつでもある睡眠についても問題なく過ごしているようだ。 とはいえ、嫁はまだまだあちらこちらでメンタル疾患の症状を…

環境次第では、今までできなかったことができるようになったりするものか。

嫁がうつ病になって、もう9年経つ。その時々で回復に向かったり悪化したりと色んな波を乗り越えてきた。まあ未だにうつ病から解放されたわけではないけれど、配偶者たる僕も色々考えさせられ、色々なことをやってきたなあ、と振り返ってそう思う。 嫁が身動…

もし嫁に「死にたい」と言われたら

実際に一時期、嫁は自殺願望が強い時期があった。ちょうど人間関係で揉めて自殺未遂を複数回おこなった。方法からして心底死にたいようではないものであったが、これでは続けているうちにいつか本当に死んでしまうのではないかと心配にもなったものだ。と、…

うつ病の嫁を持つ人間として、もっとうつ病の人と会った方がいいのかもしれない。

前回からまたまた1ヶ月ほど経過してしまった。これではまるで、月刊ブログだな。 近況を記しておくと、これといって変化はない。いや、そう書いてしまうと身も蓋もないので、少しばかり書いておこう。 嫁に関しては、一時期薬の処方の組み合わせがよかった…

うつ病の嫁に対して割と放任主義な理由

僕はうつ病の嫁を持つ夫として、嫁に対してかなり放任だと認識している。 前にも書いたけど、まずうつ病や統合失調症それにパニック障害など嫁の抱えるメンタル疾患について、必要以上に知識を仕入れようとする気はない。なので、むしろ知らないことの方が多…

うつ嫁の薬抜き するか否か 実はちょっと迷っている。

うつ病だけでなく、他に統合失調症その他いくつかのメンタル発祥と思われる疾患に見舞われているのがウチの嫁。当然、薬による対処療法と定期的なカウンセリングの両輪で対応することになる。 嫁が処方される薬は、その時々のよって組み合わせが異なってはい…

【僕たちの失敗】ブログの統合またはテーマ変更について考えている。

大変ご無沙汰になってしまった。もう年が明けてしまっている。 別に更新をサボっているわけでもないので・・・ まあ、特に誰に見せるわけでもなく自分のメモ帳みたいなものだから、気にする必要がないと言えばないのかもしれない。 今回は、嫁とは直接関係な…

気分障害の嫁と日常無難にやり取りする方法

うつ病といったら、気分障害のカテゴリーにもなるらしい。 くどいようだが、僕はあまりうつ病の知識には立ち入っていないので細かいことはよくわからないのだが。まあそう言われると、気分をコントロールできないのだから妙に納得がいく。 というわけで、ウ…

僕のうつ病に対する概念

すっかりご無沙汰してしまった。 嫁がちょっとした症状で(メンタルとは関係ない)病院をハシゴする破目になってしまい、今週は無駄に忙しかった・・・ 気が向いたので、今回は私のうつ病に対する概念というか、まあ考え方的なものをダラダラ書いておこうと…

僕はうつ嫁を持つ夫だが、うつ病ほかメンタル疾患への知識は乏しい。

うつ病などメンタル疾患に限った話ではないが、普通家族が何らかの病気と闘う破目に陥ってしまった場合、家族として当然その病状からの脱却を目指すこととなる。そして、その闘病の助けにと、当該の病気への知識を深めることとなるだろう。僕の場合、嫁がパ…

.