読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁がうつになりまして。~うつ病ママとその夫の記録

うつ病ほかメンタル疾患の嫁と暮らすアラフォー夫視点の日常の記録

うつ嫁について

遅ればせながら2017年。

昨年末から何となくバタバタしていたら、もう2017年。1月も中盤に差し掛かろうとしている。何と忙しい年末年始だったことか。まあ遅ればせながら、謹賀新年。特にウチのうつ嫁にかんしては、変化はない。なのでしばらくブログ更新が滞っていたわけだけども・・…

うつ嫁が 本当に何もしなくなったので…衣替え

画像は、冬物の衣類が詰まった衣装ケースの山。 映っているのは全て、嫁のものが入っているという… 初めての衣替えをやる破目に ここ1年近く、(たぶんキッカケは昨年夏に嫁が入院したことかな)僕は家のことを全て、ほぼ全てやるようになってしまった。今は遅…

家族の問題を整理 僕がうつになりそうだ。

今年は時が過ぎるのを、例年以上に早く感じる。 そして、40を過ぎた自分の体力がいい勢いで衰えていくのも感じる。 これは、若いころからの不摂生が原因なのでしょうがない。 コメントなどでお言葉をいただくように、もうちょっと自分の健康をどうにかしない…

ここ最近の うつ嫁の家事事情

ブログのエントリ冒頭に画像を貼るのは僕のスタイルだ。 メモやらブログやらやっているうちに自然と身についたものだけれど、そのエントリを象徴するものだとか、気分を表すものだとか楽に表現できるので気に入っている…と、どこかでこれを否定しているよう…

うつ嫁の夫は、育児もやります。

我が家には、子どもは二人いる。 上の子はもう今年中三なので、最早「育児」と言えないんだろうけどね。 それが娘で、あともう一人は息子(小四)。どちらも別々に、色々と手がかかる。子どものことは、普通の家庭だとだいたい大きなことだと夫婦協業で、そ…

この一週間 うつ嫁との会話

ウチの嫁は、遊びに行くにしろフィットネスに行くにしろ、大抵夜に行動することが多い。時には朝帰りなどする始末なので、嫁とは会わないで終わる日が順調に増えてきている。このとおり、碌に回数会話もしていないので、試しにこの1週間での嫁との会話を並べ…

約4年間、うつ嫁に好き勝手過ごしてもらった結果

個人的には、日常生活がカツカツなので画像のワンコのようになっていることが多い。 メンタルを病んでいて尚且つその出口の見えない状態の嫁を抱えていると、こうも疲れるものなんだな~と思う今日このごろ。 さて、表題の件。 僕らは約4年前の春、ひとつの…

2016年 ウチの嫁は「うつでガン落ち」スタート

新年のっけから何だけども、嫁には苦情を述べた。 昨2015年、嫁がクルマを大破させて一発廃車に追い込んだことがあった。 そのため急遽クルマを購入する破目になり、旅行代がパアになってしまった。 おかげで昨年は、どこにも行けなかったなあ…と。イマドキ…

うつ嫁に良からぬ変化が

ウチの嫁がうつ病と診断されて、今年2015年で10年になる。うつ病というと、暗くどんよりして自殺願望の強いイメージだった。 けれど、実際に身内にその患者を抱えるとそのイメージが一面しか表していないことを体感する。確かにウチの嫁も、ある時期は自殺願…

嫁、家族に無関心になる。

画像は、サイパン国際空港から見上げた空。僕はこの、南洋の空が大好きだ。 いつも思う。海の中の好きな嫁を1カ月でも南洋の島に放り込んでおいたら、おそらく元気になるだろう、と。 ちなみに嫁は、ダイビングを趣味としている。来世は「クラゲになりたい」…

うつ病+統合失調症+自律神経失調症+拒食…なんだこりゃ?

何故マリーゴールドの画像かというと、我が家では毎年初夏~初冬にかけてマリーゴールドを植えているからだ。 これは嫁の趣味のようなものでもあった。けれど、今年は一度全滅して以来、植えていない。つまり嫁の状態がそれだけよろしくないということ。 今…

ウチの嫁はうつ病だけれども、その嫁を案外アテにしている自分がいる。

うつ病歴約10年になる嫁と付き合っていて、僕の暮らしもそれ以前と大きく変わったと思う。 まず、日常生活がほぼ嫁中心になった。これは嫁主体という意味ではなく、嫁の都合や状態に合わせた暮らしになったということ。嫁は日常決まった範囲でしか動けない…

うつ嫁のためにも、在宅で仕事をした方がいいのかもしれない。

ここのところ、嫁の調子はすこぶる安定している。主治医とのカウンセリングでも「とりあえず眠れている」と発言するなど、大きな問題のひとつでもある睡眠についても問題なく過ごしているようだ。 とはいえ、嫁はまだまだあちらこちらでメンタル疾患の症状を…

もし嫁に「死にたい」と言われたら

実際に一時期、嫁は自殺願望が強い時期があった。ちょうど人間関係で揉めて自殺未遂を複数回おこなった。方法からして心底死にたいようではないものであったが、これでは続けているうちにいつか本当に死んでしまうのではないかと心配にもなったものだ。と、…

嫁のうつ病の遠因 嫁が”人の死”に敏感な理由

嫁がうつ病になったのは、その前からなっていたパニック障害同様、おそらく原因はひとつに特定されないと思われる。嫁の性格や考え方、それにその当時の生活環境や人間関係、仕事関係など色んな要素が絡み合って産み出された疾患なのではないかと思っている…

プロフィール うつ病になった嫁

僕の嫁について書いているわけだけども、そういえば嫁自身について殆ど触れていなかったことに今更気がついた。ということで、今回は嫁のプロフィールについて簡単に触れておくことにする。 hiroiaozoraの嫁について 生年:1976年 職業:幼稚園教諭・保…

うつ病の嫁を持つ人間として、もっとうつ病の人と会った方がいいのかもしれない。

前回からまたまた1ヶ月ほど経過してしまった。これではまるで、月刊ブログだな。 近況を記しておくと、これといって変化はない。いや、そう書いてしまうと身も蓋もないので、少しばかり書いておこう。 嫁に関しては、一時期薬の処方の組み合わせがよかった…

うつ嫁の薬抜き するか否か 実はちょっと迷っている。

うつ病だけでなく、他に統合失調症その他いくつかのメンタル発祥と思われる疾患に見舞われているのがウチの嫁。当然、薬による対処療法と定期的なカウンセリングの両輪で対応することになる。 嫁が処方される薬は、その時々のよって組み合わせが異なってはい…

気分障害の嫁と日常無難にやり取りする方法

うつ病といったら、気分障害のカテゴリーにもなるらしい。 くどいようだが、僕はあまりうつ病の知識には立ち入っていないので細かいことはよくわからないのだが。まあそう言われると、気分をコントロールできないのだから妙に納得がいく。 というわけで、ウ…

嫁と自殺未遂

ここ数年は企図しなくなってきたが、嫁はかつて自殺未遂の常連だった。 今回は、嫁の自殺未遂の様子について書いておこうと思う。 うつ病と診断されて、それまでできていたことも上手くいかなくなり、嫁としても自分が「病気である」ということを認識しだし…

.